【ホワイトボードで議論を可視化】「BizMake」ver2.0でチーム内の同時閲覧・同時編集などの新機能、カスタマージャーニーマップを追加

BizMakeは、11月16日(月)にバージョンアップいたしました。今回のアップデートで他者とアイデア・構想を共有できるホワイトボード機能とユーザー同士でリアルタイムに編集できる同時編集機能を追加したほか、ユーザーや、マーケターから要望の多かったカスタマージャーニーマップを新フレームワークとして追加しました。オンライン会議ツールと併用することで、テレワークや組織の垣根、地域など場所や状況に捉われることなく、共通のフレームワークをベースにディスカッションすることが可能です。

https://bizmake.jp

 

 

ビジネス思考とアイデア共有をシンプルにオンラインで

リモートワークの普及でこれまでのように会議室に集まってディスカッションをする機会が減り、アイデアを生み出す場面が減ったという声や構想を可視化しながらの会議ができなくなったという声を耳にするようになりました。

今回のアップデートでは、新たにホワイトボード機能・同時編集機能を追加し、オンラインでも簡単に自身で整理したアイデアをチームに共有することができます。事業やプロジェクトを推進する上で、共通のゴールを設定することや、他者に意見を共有する場面は多く、ビジネスフレームワークを用いて可視化したい場面が多数あります。これまでオフラインで行っていた会議を共通のフレームワークをベースに、オンラインで実現できます。

 

 

主なアップデート機能

1. ホワイトボード機能β版

自身で整理したフレームワークをBizMakeユーザーに共有できる機能と複数人でリアルタイムに編集できる機能を追加し、よりオンラインでのディスカッションがしやすくなりました。アイデアに付箋を貼る感覚で、自身の意見を共有することができ、より戦略を洗練させることが可能です。余分な機能を省いたシンプルな仕様のため、ディスカッションに専念することができます。

 

利用シーン

・チームにビジョン、戦略を共有するとき
・チームでアイデアを考えるとき
・オンライン商談でコミュニケーションを図るとき
・オンラインワークショップのとき etc.

 

2. カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品を購入するまでの一連の行動を可視化したものです。作成することで顧客像をより深く理解できるため、マーケティング施策や商品企画に活かすことができます。

 

3. 自動保存機能追加

4. 同時編集機能追加

5. その他機能追加・UI修正

 

 

BizMake(ビズメイク)とは?

経営戦略や事業計画の現状分析を行う際に使用する「SWOT分析」やスタートアップ時に役立つ「リーンキャンバス」などのフレームワークがWeb上に用意されており、書き込み、ドラッグアンドドロップで並べ替えることにより、戦略立案や思考の整理ができるWebサービスです。全20種類のフレームワークからシーンに合わせて利用可能です。
ビジネスフレームワーク作成に特化した機能と操作性のため、アイデアを入力し簡単に整理・可視化することができます。また、作成したデータを他者に共有・同時編集できるためコミュニケーションコスト削減にも繋がります。

プラン:Free(0円)、Personal(300円/月)、Community(600円/月)、Company(法人向け請求書払い)
アカウント作成は公式ページからできます。
URL:https://bizmake.jp/

 

BizMakeで利用できるフレームワーク

ビジネスモデルキャンバス/リーンキャンバス/ジョブ理論/ペルソナキャンバス/共感マップ/カスタマージャーニー/STP/4P/4C/PEST/5forces/事業環境マップ/3C/SWOT/バリューチェーン(10月追加予定)/バランストスコアカード/MVPキャンバス/リバース財務ツリー/もし自分がCMOだったら

 

BizMake無料体験版登録

https://app.bizmake.jp/register

 

BizMake Mediaについて

https://media.bizmake.jp/

Sponsored links
Sponsored links
SNSでフォローする