共感マップ、事業環境マップやリバース財務ツリーを追加した「BizMake」ver1.3をリリースしました

Sponsored links

12月26日、東京システムハウス株式会社(以下、当社)は「BizMake」(ビズメイク)のver1.3をリリースしました。
BizMakeは、手軽に分かりやすくビジネスモデルを策定できる「ビジネスモデルキャンバス」、スタートアップ時に役立つ「リーンキャンバス」、人の購買行動のメカニズムから顧客ニーズを定義する「ジョブ理論」など、ビジネスイノベーションハブ株式会社(代表取締役:白井和康)監修のビジネスアイディアを具体化するためのフレームワークをクラウド上で手軽に作成できるWebサービスです。

ver1.3のアップデート(新たに3つのフレームワークを追加)により、ビジネスのアイディア出し、ビジネスモデルの策定・分析、ビジネスモデルの収益シミュレーションといった事業開発に必要な一連の作業が可能になりました。

 

 

ver1.3アップデート内容

1. 共感マップの追加

共感マップは、ユーザーの感情、行動を理解、可視化するツールです。ユーザーファーストでの新規事業開発に適しています。ターゲット分析、マーケティング施策設計の際に具体的なイメージを持てるメリットや、チームメンバー間でのペルソナに対する認識のズレを小さくできるというメリットがあります。

 

2. 事業環境マップの追加

ビジネスモデルの外部環境を4つの領域に分けてアセスメント(評価)するキャンバスです。環境の変化に着目し、未来への予測を立てることで、考案したビジネスモデルの検証、変化に役立つツールです。

 

3. リバース財務ツリー(逆損益計算書)の追加

リバース財務ツリー(逆損益計算書)はビジネスの目標利益から、売上構成とコスト構造を分解し、算出するツールです。新規事業開発における不確実な状況下での数字検証に適しています。

 

4. MEMO機能追加やカード周辺のUIデザイン修正

項目ごとにアイディアをメモできる機能を追加しました。

 

5. その他機能追加・修正

 

 

BizMake制作背景

製品やサービスやマーケットに溢れる現在「顧客ニーズを把握すること」や「他社との差別化」、「イノベーティブなビジネスモデルの策定」などは、ビジネスの成功確率を高めるために必要な要素であると当社は認識しております。

しかし、優れたビジネスアイディアを具体化できるノウハウやメソッドは確立されておらず、ローンチ前の下準備が整っていないのが各企業の現状なのではないでしょうか。多くの工数を使って事業計画書を作成し、具体的な戦略を練ることなくプロダクトやサービスをローンチしている企業様も多いことでしょう。顧客が利用したくなる商材をつくるためには、明確で分かりやすいビジネスモデルを策定し、プロジェクトチーム全員にビジネスのゴールや収益化のロジックを共有することが必要だと考えています。

ビジネスモデルとはいわば「事業を成功に導くための地図」だといえるでしょう。BizMakeでは7つのフレームワークを使って「地図」を整理・構築、制作、検証し、ビジネスの成功確率を高められます。

これから起業を考えている方や、事業途中の自社のビジネスモデルをあらためて見直したい方、競合他社のビジネスモデルを分析したい方などにとって有用なツールですので、ぜひご利用ください。

 

 

一緒に盛り上げていただけるパートナー様を募集中

「自社の教育プログラムやセミナーに組み込みたい方」や「BizMakeと自社のサービスを組み合わせたい方」、「BizMakeを他企業に紹介したい方」などは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

今後の展望

BizMakeはこれから事業規模やサービス規模を拡大し、より多くの方のビジネス支援を進めていく予定です。

 

1. 各種フレームワークの追加

現在、BizMake上で作成できるフレームワークは7種類ですが、今後有用なフレームワークを随時追加していきます。より多角的に自社のビジネスを分析でき、成功までの道筋を鮮明に描けるようになるでしょう。

 

2. BizMakeを取り入れたワークショップの開催

BizMakeのフレームワークの構築方法を説明し、作成していただくためのワークショップを開催します。事業担当者や起業を考えている方などをはじめ、すべてのビジネスマンにとって有用な時間になるでしょう。

 

3. コンサルティング

事業内容や顧客のニーズを明確化できない方に対して、コンサルティングに伺います。ビジネスのプロが御社のビジネスアイディアを分析し、最適なビジネスモデルを構築するためにアドバイス・提案をします。

 

4. ディスカッションできるコミュニティ、プラットフォームの開発

BizMakeをご利用いただいた方同士で、独自のビジネスモデルをディスカッションしていただける場を構築します。客観的な意見を直接聞くことで、自社のビジネスモデルがより洗練されることでしょう。

 

<東京システムハウス株式会社>

【会社概要】
会 社 名:東京システムハウス株式会社
代 表 者:林 知之
所 在 地:東京都品川区⻄五反⽥ 7-1-10
事業内容:コンピュータ利用に関する総合サービス
HP: https://www.tsh-world.co.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】
東京システムハウス株式会社
WEB サービスプロジェクト
info@bizmake.jp

 


 

 

Sponsored links
SNSでフォローする