オリエンタルランドを例にSWOT分析のつくり方を解説

Sponsored links

内外環境を分析することで、事業戦略をアウトプットできるフレームワークがSWOT分析です。強みになる部分、反対に弱みになってしまう部分をきちんと把握し、チャンスとピンチに直面したときに、どのような動きをすべきかを論理的に分析できます。

今回はSWOT分析の作成方法を解説するために、オリエンタルランドの事例をご紹介します。これから事業計画を考える方はもちろん、事業途中の見直しをするためにもご利用ください。

 

 

SWOT分析とは?

そもそもSWOT分析とは何なのか、簡単に解説しましょう。詳しく知りたい方は以下のリンクから記事をご覧ください。

SWOT分析とは「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Thread)」の頭文字をとって名付けられたビジネスフレームワークです。自社の特性を生かせる部分はどこなのか、逆に他社に比べて弱い部分はどこなのか、またどのような市場で強みを生かせるのか、逆にどのような状況になったら勝負できないのかが、一枚のフレームワーク上でまとまります。

ビジネスの潮目が変わり、不確実性が増している現在、大手企業でも安心はできません。いつピンチが訪れるか分からないからこそ、自社の強みと弱みを把握すべきです。また反対にチャンスを生かせる市場を知らなければ、ビジネスの軸を設定できません。SWOT分析は長経営を安定させるために、開発の前段階で設定すべきものです。

ではどのような思考で、各項目を設定すべきなのでしょうか。各項目についてご紹介しましょう。

 

1. 強みStrength

自社の強みを書き記していきます。巨大なリソースがあるのか、ノウハウやスキルが秀でているのか、それともブランド力があるのか、など他社に比べて魅力的な部分を記しましょう。

2. 弱みWeakness

反対に自社が弱い部分を明らかにしていきます。インフラやリソースがない、知名度が足りない、などの弱みを把握することで「いざ」というときに備えなければいけません。

3. 機会Opportunity

自社が最も力を発揮できる場面を書いていきます。トレンドの変化によって商材が注目される、または法律が改正し、できることが増えるなど、外部環境の変化によって訪れるビジネスチャンスになります。

4. 脅威Thread

反対にピンチになってしまう環境の変化を記していきましょう。顧客の興味が失われる、規制がかかってしまいビジネスが続行不可能になってしまうなどの、外部環境による脅威を把握しておくことでピンチに備えます。

 

 

クロスSWOT分析で、各場面に備える

このようにSWOT分析は自社の強みを生かせるポイント、また弱みをカバーする施策を考えるために効果を発揮するフレームワークです。ただしSWOT分析だけで終わってしまうと、機会が訪れた際にどのようにして恩恵を最大にすればいいのか、また脅威に襲われた際にどのようにダメージを回避すべきなのかまでを考えることはできません。

そこでSWOT分析をしたのちに「クロスSWOT分析」をしましょう。クロスSWOTとは、内部環境と外部環境を掛け合わせた4パターンの状況を、実際に可視化することをいいます。

「強み×機会」「強み×脅威」「弱み×機会」「弱み×脅威」の4つの状況をにおいて利益を最大化するための方法を考えることが重要です。

 

 

ディズニーランドを運営するオリエンタルランドのSWOT

では、ここからが本題です。SWOT分析の手法をお伝えするために、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドをSWOTとクロスSWOTで分析してみましょう。

オリエンタルランドの主な事業内容としては、東京ディズニーランド・ディズニーシー(東京ディズニーリゾート)の運営です。なお、京成電鉄を主幹とする京成電鉄グループの一員であり、ディズニーとフジテレビジョンがパートナー契約を結んでいるため、フジテレビジョンとも深い関わりがあります。

基幹事業としては東京ディズニーリゾートの運営ですが、子会社には舞浜リゾートホテルズ、舞浜リゾートライン、舞浜ビジネスサービス、舞浜ビルメンテナンスなどの子会社があり、拠点の舞浜でさまざまなビジネスを展開しているのが特徴です。

 

SWOT分析

1. 強みStrength

最も大きな強みは「ディズニー」のブランド力です。東京ディズニーリゾートは他にはないホスピタリティでオープン以来、無類の人気を誇っています。「夢の国」として子どもを中心に幅広い年代に支持されており、入園者数は衰えません。また舞浜を拠点にしており、地元では敵なしのドミナント戦略も功を奏していますし、自己資本でさまざまなサービスを展開しているのも強みでしょう。リソースでいうと保有地の広さや、他社にはないサービス力溢れるスタッフが挙がります

 

2. 弱みWeakness

ディズニーブランドに依存し過ぎているのは弱みです。もし不祥事を起こして提携を打ち切られたら、大きな強みがなくなってしまいます。また舞浜への依存度も同様に弱みです。広域に展開しにくくなっており、都心から人が離れた場合、地方に展開しにくくなっています。

 

3. 機会Opportunity

チャンスは外国人観光客の増加です。インバウンドによる売り上げアップは見込めます。また京浜グループの一員として、沿線に展開することもできますし、その際の広告費用や保守費用なども子会社があるので、抑えることが可能です。ディズニーはこれからも新たなアニメ―ションを制作するので、それに合わせたアトラクションの増設ができるのもチャンスでしょう。「アナと雪の女王」のようなヒット作は、新たなビジネスチャンスになります。

 

4. 脅威Thread

少子高齢化は大きな逆風になっています。中長期的に見て、国内での入場者数増加は想像できません。またアトラクションの故障や、フードの食中毒などによるイメージダウンはいつ起きるか分からない脅威です。さらに景気動向にも左右されます。個人消費率が低迷すると、ディズニーリゾートの利用客数も減少するでしょう。

 

クロスSWOT分析

1.「強み×機会」

外国人客数が伸びたり、新たなヒット作が生まれたりしたタイミングでアトラクションを増設してプロモーションをかけることで、客数は大幅にアップします。またこれまでに作ったアトラクションをリブランディングすることで、話題性を生み、ファンを呼び戻すことも考える施策です。

 

2.「強み×脅威」

少子高齢化に合わせて、広大な敷地の一部を大人向けに再編することで、ダメージを減らす戦略が考えられます。また不祥事に関する客数の落ち込みに備えるために、子会社のビルメンテナンス会社などがあり、予防できるのも大きなメリットです。

 

3.「弱み×機会」

ディズニーに依存しているという状況と、外国人客数増加という機会を比べて、ディズニーキャラクター以外のジャパニーズアニメーションとコラボレーションをしてイベントを開催するなどの戦略があります。弱みをカバーしながらビジネスチャンスを最大限に生かせる試みの一つです。

 

4.「弱み×脅威」

弱みと脅威がぶつかった場合は、ダメージを最小限に抑えるしかありません。オリエンタルランドにとって最悪のシナリオは、お客に危害を与えてしまい、ディズニーから提携を打ち切られることでしょう。リスクヘッジとして、子会社のサービス(ビルメンテナンスや、人材派遣、交通、フード)を生かしたビジネスを推進しておき利益を確保する必要があります。

 

 

SWOT分析によって、場面ごとに最適な一手を打てるように

現在のビジネスは不確実であり何が起こるか分かりません。急にチャンスが舞い込んでくることもあれば、ピンチに襲われることもあります。そんなとき、どのように対処すべきなのかを把握しておくことで、焦ることなく利益を最大化できる方法が分かるのがSWOT分析の、クロスSWOTのメリットです。

BizMakeでは、どなたでも無料でSWOT分析を作成できます。現在、安心して事業を推進している方も油断せずに、一度チームで話し合いながら設定してみましょう。

 


 

 

Sponsored links
SNSでフォローする
Sponsored links