食品メーカーの外部環境をPEST分析の事例として紹介!

Sponsored links

政治や経済、社会、技術など、ビジネスを取り巻くマクロの外部環境を分析するためのツールが「PEST分析」です。

これらの外部要因は、安定して自社のビジネスを進めるために知っておく必要があります。法律が変われば、事業可能性が広がることがありますし、逆に狭まることもあるでしょう。また収入などの経済動向が変われば、事業に割くべきコストが変わります。

つまりPEST分析は事業計画やビジネスモデルそのものに関わるプランを定めるために必要です。また推進する途中でも、ブラッシュアップして設定すべき項目でもあります。今回は食品メーカーの業界を取り上げて、PEST分析の作成方法やコツをご紹介しましょう。

 

 

PEST分析とは?

そもそもPEST分析とはどういったツールであり、設定することによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。まずは各項目の内容について解説いたします。

詳しくは以下の記事でも解説しておりますので、参考になさってください。

 

1.政治的要因

法律の改正、政権交代による施策の方向転換などがあります。雇用などにも大きく関わってくる分野です。政治に変化があることで、事業のピボットを余儀なくされる可能性があり、油断せずに情勢を観察しておかなくてはいけません。

 

2.経済的要因

景気の移り変わりや雇用率、労働人口の変遷などが当たります。経済の動向によって、商材の価格や給料の幅が変わります。最終的な利益率の変動なども移り変わってくるでしょう。

 

3.社会的要因

トレンドの変遷や市場のムーブメント、大きな事件などによって、企業の方向性が変わることもよくあります。特に現在ではSNSを皮切りにして、次々に新たなカルチャーやトレンドが生まれるようなりました。またスターバックスのストローの紙化など、環境問題に対する意識も高まっているといえます。

 

4.技術的要因

テクノロジーは日進月歩で進化しています。さまざまな企業が日々、新たな製品やサービスをつくり、機能性を高めている現在、乗り遅れてはいけません。参考になる指標としては、アメリカの調査会社・ガートナーが発行している「ハイプサイクル」があります。現在のトレンドのテクノロジー、また今後の流れが図になっており、分かりやすいので、チェックすることをおすすめします。

 

 

なぜ設定する必要がある?

PEST分析の4つは、自社を取り巻くマクロ要因です。サービスやプロダクトをローンチする前には未来の動向までを予想して計画を練る必要があります。また現在の事業を長く安定させるためには、PESTの要素を起点に最善の策を考えなければいけません。

いつの間にか、法律が制定されたり、トレンドが変わったりすると、顧客はすぐに他のサービスに乗り換えてしまいます。あらかじめPEST分析をしておくことで、突然の変化にも対応できるのです。特に競合や新規参入者が増えて、ビジネスの不確実性が高まっている現在、PEST分析は必要不可欠なツールでしょう。備えあれば憂いなしです。

 

 

食品メーカーの外部環境をPEST分析で解説

では、実際にどのようにして作成すべきなのか、食品メーカーを例に解説しましょう。自社がどのような変化に備え、どのような製品を作るべきかが、明らかになってきます。

 

1. 政治的要因

食品を取り扱う際は食品衛生法が関わってきます。食品衛生法のなかには添加物や輸入などの項目があります。これらの要因に変化があれば、製品内容やパッケージを変える必要が出てくるかもしれません。

 

2. 経済的要因

さまざまな原材料を組み合わせてつくられます。また材料費自体もそうですが、流通の費用もかかります。そのレシピは明らかにされていませんが、もし材料費が高騰したり、流通経路が変わったりすると、コスト関係を見直す必要が出てくるかもしれません。

 

3. 社会的要因

売り上げには消費者のライフスタイルが大きく関わってきます。特に健康志向が高まっていることで逆風や追い風が吹くこともあるでしょう。カロリーゼロ特保指定の製品を開発するなどして社会的要因に柔軟に対応していなければいけません

 

4. 技術的要因

テクノロジーは生産機械やフレーバーの開発などに大きく関わってくるポイントです。例えば同じ時間で2倍の量を生産できる機械が開発されれば、コストを削減できます。またフレーバーが開発されることで、消費者に新たな感動を提供できるでしょう。

 

 

PEST分析は「最善策」を考えるのに役立つツール

PEST分析はマクロの外部環境を分析するのに役立つツールです。法律や情勢などはあらがいようがない大きな外部環境だからこそ、変化に備えておく必要があります。準備をして、ブラッシュアップのスピードを早めておくことで、複雑化した現代のビジネスでも打ち勝てる可能性が高まるでしょう。

BizMakeではPEST分析を含めて、さまざまなフレームワークをご用意しております。どなたでも無料で作成できますので、ぜひお試しになってください。

 


 

 

Sponsored links
SNSでフォローする
Sponsored links