AI契約審査プラットフォームスタートアップ「LegalForce」をビジネスモデルキャンバスで分析

「AI」や「RPA」など日々ITやテクノロジーの進化で日々業務への負担も変化してきています。
従来は、人の手で行っていた時間や手間がかかる業務もAIで行うことができその分の時間を他の業務にかけることが出来るようになりました。
上手くAIやRPAなどの自動化ツールなどを活用することで業務のDXにも繋がります。
契約関連の面倒で時間がかかっていた業務をAIによって効率化してくれるサービスがあったら便利ですよね。そんな便利なサービスを提供しているのが「LegalForce」です。

 

 

LegalForce」とは


引用:https://legalforce-cloud.com/

「LegalForce」はAIなどテクノロジーの活用によって、契約書のレビューやそれに紐づく業務を効率化するサービスです。
WordやPDFの契約書をアップロードし、契約の類型と自社の立場を選択するだけでリスクを洗い出し、不利な条文や欠落条項を指摘してくれます。
契約書をアップロードして数秒で修正箇所を表示するため、短時間でレビューを完了できるため、今までに契約関連業務にかかっていた人でや時間を削減することが出来ます。

 

 

LegalForceのビジネスモデルキャンバス

では、LegalForceのビジネスモデルについて、ビジネスキャンバスを用いて整理してみましょう。

 

1.顧客セグメント

・契約関連業務の人手、時間を削減したい企業や法律事務所
・バックオフィス部門が少人数しかいない企業

LegalForceを利用することで、契約関連業務の人手やかかる時間を削減することができるためこれらを削減したい企業、法律事務所や経理などのバックオフィス部門が不足していて少人数しかいない企業が顧客セグメントとして挙げられます。

 

2.提供価値

・契約書に潜むリスクの洗い出しから、リサーチ・修正・案件管理までをワンストップでサポート
・契約業務をテクノロジーで支援することで、人員、時間削減
・AIが自動で管理台帳などを作成するため、法務の人数を減らすことが出来る

最先端の技術 × 弁護士の法務知見を組み合わせることで、契約書に潜んでいるリスクの洗い出しから、リサーチ・修正・案件管理までをワンストップでサポートし、契約業務をテクノロジーで支援することで、契約審査体制の強化を実現し人手、時間削減することが出来ます。
これまで人手と時間をかけるしかなかった契約業務をテクノロジーで支援することで、契約審査体制の強化を実現します。
また、AIが自動で管理台帳などを作成してくれるため、業務改善に大きく役立つと言えます。

 

3.チャネル/販路

・オウンドメディアやスタートアップ系記事
・セミナー/イベント登壇
・営業

スタートアップを取り上げたメディアへの掲載、無料Webセミナー・イベント登壇で活用事例や業務効率化の方法など役立つ情報の発信も行っています。
また、自社で契約にまつわる情報メディアも運営しています。

 

4.顧客との関係

・カスタマーサクセスチームによる活用支援
・製品画面から手軽に問合せできるチャット機能
・契約にまつわる情報メディア運営 

カスタマーサクセスチームによる活用支援ではお客様の活用状況に合わせて、より効果的に活用していただけるようサクセスプランを提案しています。
また、製品画面から手軽に問合せできるチャット機能を備えているためシステムに慣れていない方でも安心して利用することができます。
契約にまつわる情報メディアの運営も行っていて、役立つ情報を発信しています。

 

5.収益の流れ

AI契約審査プラットフォーム、AI契約管理システムの販売
初期費用+月額費用

主に、AI契約審査プラットフォーム、AI契約管理システムの販売による初期費用、月額費用で収益を得ています。

 

6.主要な資源

・専任オペレーター、情報セキュリティ専任者
・AI研究部門

AIが契約書のデータを読み取り、文字化する際に生じる誤記を専任のオペレーターが修正しています。契約書のデータベース化に精通した専任のオペレーターなので、正確なデータベースを構築することができます。
さらに、情報セキュリティ専任者を設置し、情報管理を徹底しています。
また、国内トップの研究者機関出身者や米国大手テック出身者などが在籍する研究部門を設置し、契約書言語処理を中心とした要素技術の研究・開発を実施しています。

 

7.主要な活動

・担当者による導入支援
・契約書言語処理を中心とした要素技術の研究・開発
・お客様の課題に合わせたサポート体制の用意 

担当者によるスムーズに導入してもらうための導入サポートや効果的に利用してもらうための活用サポート、AI研究部門による契約書言語処理を中心とした要素技術の研究・開発、お客様の課題に合わせたサポート体制の用意を行っています。
導入決定後の速やかなキックオフミーティングのじっしから導入計画の策定、専任オペレーターによるダブルチェック体制や充実した支援体制となっています。

 

8.主要パートナー

・京都大学
・三井倉庫ビジネスパートナーズ
・Google Cloud
・開発専任弁護士

AI・自然言語処理技術において京都大学と共同研究を行うことで、製品を通じて最先端のソリューションを提供しています。
また、株式会社LegalForce は、三井倉庫ビジネスパートナーズと業務提携いたしました。
契約手続きから保管までの手続きがWeb で完結する手軽さと月の保管料が1 箱100 円というリーズナブルな価格が好評で、1,000 社を超えるお客様にご利用いただいている「三井倉庫のスマート書庫」を利用することが出来ます。
さらには、大手日系企業もサーバを置く、Google Cloud上にクラウド基盤を構築しているため安心安全です。
LegalForceでは、修正時の参考にしていただける一般的なサンプル条文と、関連する法的な情報が表示されます。
ひな形は法律事務所が監修していて、法律のプロも納得のクオリティを実現する開発体制となっています。
そして、法務の実務に即した製品を提供するため、最先端の技術と最新の法務知見を取り入れた開発体制を整えています。

 

9.コスト構造

・AI研究部門を設置した研究・開発費
・人件費(開発専任弁護士なども含む)

AI研究部門を設置しての研究・開発費や研究開発の人材や開発専任弁護士、専任オペレーターなどを含む人件費が挙げられます。

 

 

AIの活用による人手不足、時間の削減などの業務改善へ導く

昨今、注目を集めている「AI」や「自動化」ですが、上手く活用することで業務改善につなげることが出来ます。
人が対応しなくても良い業務は、AIや自動化ツールで対応し営業など他の人が対応するべき業務に注力できるよう活用していくことで生産性や業務負荷軽減にも繋がっていきます。
従来の方法を続けることは、変化がなく楽だと感じるかもしれませんが一度業務プロセスを見直し、改善できる点を洗い出したうえでAIや自動化ツールなど便利な技術を利用してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

BizMakeならビジネスフレームワークのテンプレートが無料で使える

BizMakeではご紹介したビジネスモデルキャンバスなど、厳選されたフレームワークがどなたでも無料で作れます。

スプレッドシートを使うよりもシームレスかつ見やすくシートを作成できますので、ぜひお気軽に下記バナーをクリックして登録してください。

SNSでフォローする