日本のDXはデジタライゼーション?デジタルトランスフォーメーションとの違いとは

以前よりビジネス界でトレンドワードになっているデジタルトランスフォーメーション(DX)。デジタルツールを取り入れることで企業のアナログな業務をデジタルで改善し、最終的にはエンドユーザーの生活ぶりを変革することを指す言葉です。

今回のコロナ禍でデジタルトランスフォーメーションが加速するといわれています。現在、アナログな仕事で業務に支障を来している方は気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。また今後のビジネスモデルデザインをするうえで、レガシーな業界に注目してみたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

ただ、一見デジタルトランスフォーメーションと思われているデジタル導入の動きは、デジタライゼーションの枠を出ないのが現実です。今回はデジタルトランスフォーメーションと間違いやすい「デジタライゼーション」についてDXと対比しながらご紹介します。

 

 

デジタライゼーションとは

テクノロジーの進化により、スタートアップから大手まで、さまざまな企業がデジタルツールを開発・提供しています。私たちの生活はデジタルを取り入れることで、飛躍的に利便性が向上しました。例えば、コミュニケーション。携帯電話が開発されたことで公衆電話は必要なくなりました。紙でFAXを送っていたのがメールになり、チャットツールに置き換わることでスピードが向上しています。またデータはすべてクラウドに収納することで膨大になっても、すぐに発見できるようになりましたし、いちいち共有をしなくても誰もがすぐに確認できるようになりました。

また各企業が、人の手で進めていた作業をデジタルツールに置き換えることで、ヒューマンエラーをなくすことに成功しています。例えば身近な例ですと、電卓ではなくエクセルを用いることで計算ミスを防げますし、スケジューラーを使ってアラートを流すことで連絡漏れをなくせます。

このようにアナログだった生活や業務にデジタルを取り入れることで、スピード・クオリティともに普段のタスクの質を向上することを、デジタライゼーションといいます。

 

 

デジタルトランスフォーメーションとは

デジタルトランスフォーメーションとは経済産業省のレポートによると「デジタルツールを業務に取り入れることで、産業上の優位性くを確保し、最終的には顧客の生活にも変化をもたらすこと」とあります。つまりデジタルトランスフォーメーションとは単純にデジタルツールによる業務効率化だけでなく、顧客の生活までを変えるインパクトを持っているものなのです。企業がデジタライゼーションにより業務効率化を果たした先にあるもの、とも言えます。

 

 

まずはデジタライゼーションから始めるべき業界

では具体的にどのような業界がアナログ仕事に依存しているのでしょうか。今後、デジタライゼーションが活発に動くようになる業界についてご紹介します。なおこれらの業界はゆくゆくデジタルトランスフォーメーションも期待できる業界です。最終的にはエンドユーザーの生活ぶりまでを変えるインパクトのあるツールが生まれるでしょう。

 

1. 建設業界

建設業界は人の生活に欠かせない衣食住の1つを担う業界であり、50兆円以上の規模がある巨大産業でありながら、いまだにアナログな仕事ぶりが目立っています。徐々に現場にはIoTグッズが広まり、デスクワークにはクラウドツールが入り始めているものの、まだまだ多くの中小企業はデジタルを取り入れきれていないのが現状です。

 

2. 医療・介護業界

医療業界はいまだに紙のカルテを作って管理している企業が多いのが特徴です。またオンライン診療が国で認可されるまではデジタルシフトが難しいというハードルもあります。介護は建設と同じくクラウド導入率が低く、非効率な業務のせいでハードワークな業界とイメージづいてしまっています。

 

3. 不動産業

不動産業もいまだ、実際に内見に行かねばならず、また申込書も直筆を強いられることが多いのが特徴です。AR技術が進化などすることでどんどん内見の必要性はなくなる可能性が大いに期待できますし、今後はスマホからクラウド上でサインができるようになるでしょう。自宅にいながら契約ができる時代もすぐそこまで来ています。

 

 

レガシーな業界に切り込む企業は今後も増えていく

以前の「レガシーな業界を変えた2つのビジネスをビジネスモデルキャンバスで解説」でもお伝えしましたが、ここ数年は徐々にデジタライゼーションを促すツールがリリースされており、多くの企業の業務効率性を高めています。コロナによる働き方の変革は、この動きに一層拍車をかけることになるでしょう。そしてゆくゆくはデジタルトランスフォーメーションにつながっていくことも覚えておくべきです。

デジタルトランスフォーメーションに成功している業界やツールに関しては、次回の記事でご紹介します。

 

Sponsored links
Sponsored links
SNSでフォローする